大分県名物「やせうま」について

小麦粉で作った平たいをゆでたものにきな粉砂糖をまぶした食べ物[1]。形状は麺に分類されるが包丁は用いず、水で練った小麦粉(薄力粉であることが多い)の塊から指で引きちぎるように作る。麺類の系統からいえば、切らずに手で押し広げて作られた餺飥(はくたく)の系統に入る。やせうまと同じ麺を、野菜などとともに味噌仕立ての汁に入れたものがやはり大分県の郷土料理として有名なだんご汁である[2]

きな粉の代わりにはったい粉小豆あんをまぶす場合や、砂糖の代わりに黒砂糖を使う場合もある[3]

やせうまは一般におやつとして、そのまま、もしくは、冷やして食べる。家庭料理であるが、別府市などでは店頭で食べさせる店も多く、学校給食でもしばしば出されるほど地域に根付いた料理である[2]スーパー土産物屋等では、やせうま用の生麺乾麺が売られている。市販されている麺は製麺機で製造した、ほうとうに近い形状のものが多い。

平安時代、都から藤原鶴清麿という幼い貴族が豊後の国に下向し、黒野(『挾間町誌』では古野下原(現在の由布市挾間町古野地区等))に隠れ住んだ。鶴清麿の身の回りの世話をする女は、京都の八瀬出身だったらしく「八瀬(やせ)」と呼ばれた(『挾間町誌』では、大原八瀬とフルネームで記載されている)。八瀬は信仰深く、鶴清麿と共に妙蓮寺(https://www.myourenji-oita.jp)の地蔵菩薩を参詣していた。その時、鶴清麿はお腹が空くと、八瀬は、ときおり小麦粉をこね、長く伸ばして麺状にしてゆで、これにきな粉をまぶしたものを作って、鶴清麿に食べさせた。鶴清麿はこの食べ物が欲しい時、「八瀬、うま、八瀬、うまくれ」(「うま」は食べ物の幼児語。まんま)といい、これが「やせうま」の語源となったとする[7]

妙蓮寺では、現在でもお盆の23日には御施餓鬼会の行事の一環として、やせうまが作られている。これが習慣化され、現在に至るとされている[7]。また、この妙蓮寺の境内には『やせうま発祥の地由来』の看板がある[6]。(https://www.myourenji-oita.jp/)(ウキペディアより)

PDFファイルを表示(やせうまについて、妙蓮寺総代、小野三郎先生作)
妙蓮寺六地蔵と精致仁道地蔵(市原カタ生まれ変わり、故小口美智子)
やせうま本舗画像より
山門にある、やせうまの看板

お知らせ

2018.07.12
メタアナリスク(本当に体に良いの研究にもとずく最高の研究、身体に良い食べ物、魚、野菜、果物、精製されていない茶色の食べ物(きなこ、そば等)、オリーブオイル、本来精進料理は魚はダメですが健康を重視します。)(病気にならない食事を考えます。)による精進料理を追求していきます。(成分、サプリメントだけをとる事は疑問です。)
2018.06.20
大分県名物の甘味どころの「やせうま」の研究と大分県産の素材を使い、精進料理を作っていきます。(比叡山延暦寺慣習)精進料理研究家としての確立を目指して、 天台宗僧侶として頑張っていきます。
お問い合わせ