大分県名物「やせうま」の伝承・精進料理研究家としての確立

天台宗青雲山妙蓮寺は古刹で、波乱万丈のお寺です。大分県名物ソウルフードである「やせうま」発祥の地 八瀬が藤原鶴清麿の健康と成長を本尊地蔵菩薩に願い、立派に成長したことで子供の健康と成長が成就するお寺でもあります。地蔵菩薩に手を合わせ、妙蓮寺隣の天神社(鶴清麿を祭る)を祈願をたてることにより尚、いっそうの御利益を頂くことができます。そして大分県唯一の陰陽師許状を頂いたお寺でもあります。本尊地蔵菩薩に手を合わせ僧侶に祈願をして頂き、お御籤をひき占うことができます。
妙蓮寺僧侶 (一般社団法人) 大分県名物「やせうま」保存会妙蓮寺代表 秦 健淳
天台宗青雲山妙蓮寺ホームページ

私達は妙蓮寺の復興と繁栄を願います。

精進料理イメージ画像
お粥イメージ
七草
お問い合わせ